下痢

下痢の症状によって疑われる病気

皆さん誰もが下痢で一度といわず何度も苦しい思いをした経験があると思います。
通常、下痢の原因は水分の取りすぎ、油物や糖分の多い消化の悪いものの食べ過ぎ、おなかを冷やすなどです。
その腸の機能が低下した状態で水分を大腸内に残したまま便意を催して水のような状態の便が出ることを下痢といいます。
通常は、飲みすぎや食べ過ぎに気をつけ消化の良いものを食べてお腹を冷やさないように気をつけていれば落ち着きますが症状によっては悪い病気が隠れていることがあります。
便が細くなる、血便、粘血便、残便感、便秘、貧血などは大腸がんの心配があります。
左下腹部に特に痛みがある、新鮮血の下血の場合は虚血性大腸炎。
発熱、全身倦怠感、食欲不振、黄疸、茶褐色の尿、白っぽい便の場合はA型急性肝炎。
嘔吐、発熱、呼吸器症状はノロウイルス感染症。
全身倦怠感、脱力感、体重減少、低血圧、不安感などはアジシン病。
上記の症状に下痢が伴う場合は危険な病気が隠れている場合があるので早急に医者に見てもらうことをおすすめします。

下痢が起こる原因等について

 下痢とは、健康な時と比べて便が緩いゲル状だったり、液体状になってしまう症状です。軟便や水様便等とも呼ばれます。下痢以外にも、腹痛や脱水症状、体力消耗といった症状が合わせて起きる場合が多いです。

 

 下痢になる原因には様々なものがあります。まず一つ目として、乱れた食生活があります。代表的な例として、食べ過ぎや早食い、刺激物の大量摂取や過度の飲酒等が挙げられます。二つ目に腹部の冷えがあります。冷たい物の摂り過ぎや、腹部を露出する等して外側から冷してしまう事が要因です。これらの二つの症状は一時的な場合が多く、安静にしていれば数日で治る場合がほとんどです。
 それ以外には、何等かの病気の影響で起きるものや、感染症によって引き起こされるもの等があります。前者の何等かの病気の影響で起きている場合に考えられる病気には、大腸がんや潰瘍性大腸炎等があります。後者の感染症によって起きている場合の感染症としては、ピロリ菌や赤痢菌への感染等が考えられます。

下痢を治すにはどうしたら良いのか

体調を崩しやすい人はさまざまなことが原因となっている場合が多いです。特に下痢などを起こしやすい人は早めに対策をすることが大事です。下痢を繰り返していると病気につながってしまうこともあるので、気をつけなければならないです。下痢を治すにはまず、ストレスを溜め込み過ぎないようにすることが大切です。ストレスは体に悪い影響が出てくるので、なるべく溜めないように発散できるようなことを持っていると良いです。
そして、下痢には普段の食べ物も大事です。お腹の調子を整えるために食物繊維を多くとることが良いです。そして、バランス良くいろいろなものを食べることも大切です。なるべく冷える食べ物はさけて温まる食材をとることも良いことです。
下痢を予防するためにはお腹が冷えないようにするということもとても重要なことです。特に冬などはお腹が冷えやすいので、気をつけることが良いです。寒い時には腹巻をしたり、温かい飲み物を飲むなどすることが良いです。